論文発表

2016年度

2016年度 ITC 日本センター発表分

(最終更新:2017年03月08日更新)

Interconnecting Smart Cities by Vehicles: How Feasible is it?

IEEE INFOCOM Workshop on Smart Cities and Urban Computing
Florian Hagenauer (University of Paderborn)、Christoph Sommer (University of Paderborn)、Ryokichi OnishiMatthias Wilhelm、Falko Dressler (University of Paderborn)、Onur Altintas
2016/4/11
ITCJP_Pub_0102

Cars as the Base for Service Discovery and Provision in Highly Dynamic Networks (Demo論文)

IEEE INFOCOM 2016
Florian Hagenauer (University of Paderborn)、Christoph Sommer (University of Paderborn)、Simon Merschjohann (University of Paderborn)、Takamasa Higuchi (Toyota ITC)、Falko Dressler (University of Paderborn)、Onur Altintas
2016/4/10-15
ITCJP_Pub_0105

クルマがIoT時代のインフラに

クラウドIoT研究会
井上 友二
2016/4/13
【役員】

1G of Vehicular Communications

Brooklyn 5G Summit 2016
Onur Altintas
2016/4/22
0004

Optimal Spectrum Utilization in Joint Automotive Radar and Communication Networks

WiOpt 2016 (14th International Symposium on Modeling and Optimization in Mobile, Ad Hoc, and Wireless Networks IEEE/IFIP)
You Han、Eylem Ekici (The Ohio State University)、Haris Kremo (Trinity College)Onur Altintas (Toyota InfoTechnology Center)
2016/5/9-13
ITCJP_Pub_0096

クルマのビッグデータを活用した危険データ分析システムの開発~大阪市提携実証実験~

Teradata Universe Tokyo 2016
長田 祐
2016/5/19
ITCJP_Pub_0123

クルマとIT技術の連携によるスマートモビリティ社会、その先へ

第25回ブロ-ドバンド特別講演会
谷口 覚
2016/5/19
【役員】

オープンデータとクルマビッグデータを組み合わせたデータ駆動イノベーション~静岡市提携実証実験~

第12回GISコミュニティフォーラム
長田 祐
2016/5/26
ITCJP_Pub_0125

Cars as a Main ICT Resource of Smart Cities(Book chapter)

Smart Cities and Homes: Key Enabling Technologies
Florian Hagenauer (University of Paderborn)、Christoph Sommer (University of Paderborn)、Falko Dressler (University of Paderborn)、Onur Altintas
2016/5/27
ITCJP_Pub_0118

クルマのビッグデータを収集するためのプラットフォーム開発とクルマ情報とIT技術を駆使したサービスの試作開発

技術情報協会
書籍「IoT ビジネス・機器開発における潜在ニーズと取り組み事例集」
長田 祐
2016/5/31
ITCJP_Pub_0103

人体の部位の位置の大域的構造に基づく車両内乗員の行動認識手法

画像センシングシンポジウム2016
山中 正雄、斉藤 俊太、青木 義満
2016/6/8
0001

Evaluating the Requirements of Communicating Vehicles in Collaborative Automated Driving

2016 IEEE Intelligent Vehicles Symposium
Guchan Ozbilgin、Umit Ozguner、John Maroli (Ohio State University)、Haris KremoOnur Altintas (Toyota InfoTechnology Center)
2016/6/19-22
ITCJP_Pub_0104

Symbolization and Data Mining of Multi-modal Signals using Bag of Systems

The 6th Annual IEEE International Conference on CYBER Technology in Automation, Control, and Intelligent Systems (IEEE-CYBER2016)
Chihiro SannomiyaYusuke Tanaka、 Hironori Kamakura、Keisuke Kurihara Ryo NeyamaKazunari Nawa
2016/6/22
0005

時空間データ滞留のための車両ノード密度に応じたデータ送信制御手法の検討

電子情報通信学会 ネットワークシステム研究会 6月研究会
手柴 弘樹、野林 大起、塚本 和也、池永 全志(九州工業大学)、樋口 雄大アルトゥンタシュ オヌル(トヨタIT開発センター)
2016/6/24
0003

Regional InfoHubs by Vehicles: Balancing Spatio-Temporal Coverage and Network Load

Workshop on Internet of Vehicles and Vehicles of Internet (IoV-VoI 2016)
樋口 雄大大西 亮吉アルトゥンタシュ オヌル、野林 大起 (九州工業大学)、池永 全志 (九州工業大学)、塚本 和也 (九州工業大学)
2016/7/5
0002

oneM2M規格に基づいた車両情報収集サービスの試作

マルチメディア、分散、協調とモバイル(DICOMO2016)シンポジウム
笹原 将章大西 亮吉佐藤 一馬
2016/7/6-8
ITCJP_Pub_0119

Poster: Geo-spatial Resource Allocation for Heterogeneous Vehicular Communications

The 17th International Symposium on Mobile Ad Hoc Networking and Computing (ACM MobiHoc 2016) (poster)
Matthias S Wilhelm (Momentum Engineering Inc)、Takamasa Higuchi (Toyota InfoTechnology Center) Onur Altintas (ITC-US)
2016/7/7
0008

車内会話活性化のための会話分析システムの試作

HCI International 2016 (parallel session entitled "HCI & Transportation")
河野 進脇阪 洋平池野 篤司
2016/7/17-22
ITCJP_Pub_0108

クルマのビッグデータを活用した危険データ分析システムの開発~大阪市提携実証実験~

日経BP社 D3 WEEK 2016
長田 祐
2016/7/27
0012

IoT時代における自動車の情報セキュリティ

IEEE Computer Society Kansai Chapter
小熊 寿
2016/7/28
0006

災害時に自動車を利用した情報通信システム~標準化への取組み~

公益財団法人原総合知的通信システム基金
セミナー「自動車を利用した災害時の情報通信システム ~災害時におけるアドホック通信ネットワークの活用~」
大西 亮吉
2016/8/29
0013

IoT応用と日本の産業の復権

映像情報メディア学会 年次大会 2016
井上 友二
2016/9/1
【役員】

自動車のデータ利活用に関するドライバーのプライバシー受容性調査ー受容性因子フレームワークの構築ー

第73回 情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)
遠藤 俊樹、加藤 尚徳(KDDI総研)、那和 一成、村上 陽亮(KDDI総研)
2016/9/2
0015

自動車のデータ利活用に関するドライバーのプライバシーコンジョイント分析を用いた分析ー

第73回 情報処理学会 電子化知的財産・社会基盤研究会(EIP)
加藤 尚徳(KDDI総研)、遠藤 俊樹、村上 陽亮(KDDI総研)、那和 一成
2016/9/2
0016

車両の走行データ解析による経路推定に関する研究

FIT2016 第15 回 情報科学技術フォーラム
堀口 賢司栗原 慶典三宮 千尋那和 一成
2016/9/7
0010

非熟練ドライバのための運転支援エージェント

ヒューマンインタフェースシンポジウム2016
島崎 景子三宮 千尋、山﨑 寛恵、那和 一成
2016/9/7
0019

つながるクルマとスマートモビリティーの今後

自動車未来サミット/モビリティーNEXT 2016
谷口 覚
2016/9/8
【役員】

Spectrum Sharing Methods for the Coexistance of Multiple RF Systems: A Survey

Ad Hoc Networks Journal
You Han、Eylem Ekici (Ohio State University)、Haris KremoOnur Altintas (Toyota InfoTechnology Center)
2016/9/13
ITCJP_Pub_0122

大量の車両走行データから集合知を得る運転行動解析技術の研究

第9回Webとデータベースに関するフォーラム(WebDB Forum 2016)
根山 亮
2016/9/15
0022

クルマのIoTに向けた通信(ネットワーク)技術

電子情報通信学会ソサイエティ大会
佐藤 一馬
2016/9/21
0025

車両走行センサデータからの自動パターン検出

情報処理学会論文誌データベース(TOD) Vol.9 No.3
本田 崇人、松原 靖子、根山 亮、櫻井 保志
2016/9/30
ITCJP_Pub_0093

目利き活動と学術俯瞰システムの活用

日経BP・エルゼビア社セミナー「新事業の創造に効く 学術 情報・ビッグデータの生かし方」
那和 一成
2016/10/5
0011

Automotive Radar and Communications Sharing of the 79-GHz Band

ACM MobiCom 2016 CarSys Workshop
You Han (Ohio State University)、Eylem Ekici (Ohio State University)、Haris Kremo (Trinity College)Onur Altintas (Toyota InfoTechnology Center)
2016/10/7
0007

オープンデータを活用したナビゲーション開発の取組み~自治体と自動車メーカー提携実証実験~

一般社団法人 行政情報システム研究所 発行雑誌 『行政&情報システム』
長田 祐
2016/10/10
0026

A Social Robot Platform for Personalised Interactive Creatures

The Eight International Conference on Social Robotics
Nihan Kataras、Soshi Yoshikawa、Michio Okada (Toyohashi University of Technology)、Keiko ShimazakiChihiro SannomiyaKazunari Nawa (TOYOTA InfoTechnoloy Center)
2016/11/2
0028

クルマに関するIoTのユースケースとネットワーク

MPLS JAPAN 2016
大西 亮吉
2016/11/7
0024

Vehicle New Capabilities as a Social Infrastructure

アジア太平洋要求工学国際会議(APRES 2016)
井上 友二
2016/11/10
【役員】

クルマのビッグデータを活用した危険データ分析システムの開発~大阪市提携実証実験~

公益財団法人原総合知的通信システム基金 セミナー
長田 祐
2016/11/10
0029

自動運転システムと自己位置推定/地図生成

G空間シンポジウム
加藤 整
2016/11/22
0030

大量の車両走行データから集合知を得る運転行動解析技術の研究

ACM SIGMOD 日本支部 先端的データベースとWeb技術動向講演会
根山 亮
2016/12/10
0033

Study on Privacy Setting Acceptance of Drivers for Data Utilization on Connected Cars - Framework for Factors related to Privacy Setting bassed on Driver's Preference -

PST2016 14th annual conference focusing on PST technologies
Toshiki Endo、Naonori Kato (KDDI Research Institute)、Kazunari Nawa、Yosuke Murakami (KDDI Research Institute)
2016/12/12
0017

Study on Privacy Setting Acceptance of the Drivers for the Data Utilization on the Car - Important Factor related to Privacy Setting on the Connected Car Service -

PST2016 14th annual conference focusing on PST technologies
Naonori Kato (KDDI Research Institute)、Toshiki Endo、Yosuke Murakami (KDDI Research Institute)、Kazunari Nawa
2016/12/12
0018

Risky Driving Data Analysis System
クルマのビッグデータを活用した危険データ分析システムの開発
~大阪市提携実証実験

Digital Marketing Conference/Bigdata Conference 2016 OSAKA
長田 祐
2016/12/15
0035

Microtransit Service as an Innovative Countermeasure for the Tangled Urban Transportation Issues in Emerging Economies - A Case Study in Jakarta

96th Annual Transportation Research Board Meeting
川口 裕久、津村 優磨、段野 幹男桑原 昌広
2017/1/9
0021

自動車産業の新しい波"Connected"

特殊鋼倶楽部 講演会
井上 友二
2017/2/17
【役員】