お知らせ

「インド共和国アーメダバード市における、日本で規格化され世界標準規格でもあるUHF帯V2X通信技術を応用した緊急車両優先システムの実証実験」の実施について

2019.1.18

株式会社ゼロ・サムと株式会社トヨタIT開発センターは、インド共和国グジャラート州アーメダバード市のリバーフロント地区において、日本国総務省、インド共和国アーメダバード市政府(Amdavad Municipal Corporation)、およびパナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社の協力のもと(※1)、日本で規格化され世界標準規格でもあるUHF帯V2X通信技術を応用した緊急車両優先システムの実証実験を2018年12月に実施しました。

日本で規格化され世界標準規格でもあるUHF帯(760MHz帯)V2X通信技術を応用した、緊急車両と交通情報板が連携する緊急車両優先システムの公道での実証実験は、世界で初めての試みです。


プレスリリース詳細