研究者紹介

桑原 昌広

Masahiro Kuwahara

所属:

社会システム研究部 MaaSグループ
グループリーダー

研究分野:

モビリティサービスのシミュレーション及びデータ分析

学位・経歴:

2006年-現在
テレマティクス・ITS関連調査、ITS・都市交通系調査・企画、ワンウェイ型カーシェア向けシミュレータ開発、途中トヨタ自動車(株)出向を経て、現在モビリティサービス向け運用・検証技術開発に従事。2008年中小企業診断士登録。

2003-2006年
国内コピー機メーカー:JPEG2000などのディジタル回路設計
2003年
修士(工学): マクロ偏析シミュレーション

 クルマがShared及びAutomatedされることで、今までのPrivate carとPublic Transportationの垣根がなくなってきます。その中で、カーメーカが今後世の中に提供していく“Public Car”とは?新たな技術だけではなく、サービス及びビジネスモデルの検討を進めています。

学位・経歴

2006年-現在
テレマティクス・ITS関連調査、ITS・都市交通系調査・企画、ワンウェイ型カーシェア向けシミュレータ開発、途中トヨタ自動車(株)出向を経て、現在モビリティサービス向け運用・検証技術開発に従事。2008年中小企業診断士登録。

2003-2006年
国内コピー機メーカー:JPEG2000などのディジタル回路設計
2003年
修士(工学): マクロ偏析シミュレーション

主な論文・著書・講演

論文
・“トリップチェーン内における ワンウェイ型カーシェアリングのトリップ種別モデル化と利用実態分析,”第56回土木計画学研究発表会・秋大会
・”小型アクセシブルモビリティ活用サービスの有効性検討”, DICOMO2017
・” Simulation For Operating Additional Buses Based On Demand In Toyota City Low-Carbon Society Verification Project“, 20th ITS World Congress Tokyo 2013