研究者紹介

大西 亮吉

Ryokichi Onishi

所属:

システムアーキテクチャ研究部
ネットワークグループ
グループリーダー/
プリンシパル・アーキテクト

研究分野:

コネクティッドカーの無線通信・ネットワークの研究開発

学位・経歴:

2001年-現在
無線ネットワークの品質評価・機能検証(テストベッド構築含む)、途中米国Telcordia Technologies, Inc.での研究を経て、協調型隊列走行の無線通信システム、センターレスプローブ交通情報システム、マルチモーダル交通最適化技術の研究開発、車載Wi-Fiを活用した情報収集システムの研究開発などを担当。2016年東京大学にて博士(工学)取得。現在、大規模車両データ収集・配信のための多段分散通信技術の研究開発・規格化に従事。

2001年
修士(工学・電子情報)(東大): マルチエージェントによる無線アドホックルーティングの研究
 
1999年
学士(工学・電子情報)(東大): Javaプロセスのライブマイグレーションに関する研究

 つながることで、新しい価値が生まれる。クルマがいろいろなものとつながれば、移動を超えて人の役に立つ 生命体に化けるだろうか?この世の「新しい」を生む活動と信じ、クルマをつなげる基盤作りに励んでいます。

学位・経歴

2001年-現在
無線ネットワークの品質評価・機能検証(テストベッド構築含む)、途中米国Telcordia Technologies, Inc.での研究を経て、協調型隊列走行の無線通信システム、センターレスプローブ交通情報システム、マルチモーダル交通最適化技術の研究開発、車載Wi-Fiを活用した情報収集システムの研究開発などを担当。2016年東京大学にて博士(工学)取得。現在、大規模車両データ収集・配信のための多段分散通信技術の研究開発・規格化に従事。

2001年
修士(工学・電子情報)(東大): マルチエージェントによる無線アドホックルーティングの研究
 
1999年
学士(工学・電子情報)(東大): Javaプロセスのライブマイグレーションに関する研究

主な論文・著書・講演

論文
・ “車群通信による隊列走行の編成方法の提案”情報処理学会論文誌, Vol.57, No.1, pp.184-195,
  情報処理学会, 2016. ほか、論文誌5件

講演
・Mobile World Congress 2018 – Future Network Seminar 講演
・Wireless Technology Park 2018 – 5G Tokyo Bay Summit 講演
・OpenStack Days Tokyo / Cloud Native Days Tokyo 2018 基調講演
・Edge Computing Congress 2018 基調講演

社外・団体等活動(役職)・表彰・受賞

・Startup Weekend Stanford 2014 コーチ & 審査員 (2014年)
・第5世代移動通信システムにおける複数移動通信網を最適利用するための制御基盤技術の研究開発 (総務省) 運営委員会委員 (2016年-現在)
・自動車の走行環境等に適応した自律分散型ネットワークの技術的条件に関する調査検討会(総務省) 構成員 (2017年-現在)
・Automotive Edge Computing Consortium: Use-case Development Working Group 座長 (2018年-現在)
・ACM/IEEE Symposium on Edge Computing 2019 共同実行委員長 (2019年予定)