研究者紹介

柏倉 俊樹

Toshiki Kashiwakura

所属:

社会システム研究部 MaaSグループ
シニア・リサーチャー

研究分野:

MaaSなどの社会システムに関する新規技術の研究開発と実証・企画

学位・経歴:

2013-現在
ビッグデータ処理、先端技術探索、新規社会システム企画、途中トヨタ自動車(株)出向を経て、現在 社会システム関連の新規技術の研究開発に従事。

2004-2013
金融システムのコンサルタント業務、ソリューション企画、プロジェクトマネジメント業務

1998-2004
渡加。オンタリオ州トロントのベンチャー企業にて、AIにおける日本語NLPのR&D業務

1996-1998
システム構築会社においてISP販促における技術支援業務

1996
修士課程修了(工学修士)

 子供のころから新しい技術を含んだガジェットやコンピュータが大好きでした。中学生のころ最初に買ってもらったPC8001mk2から始まり、PC9801RX2、大人になってからもPerfoma588、Libretto50、HP200LXなど、その時代の少し変わったコンピュータを買う度にワクワクしました。
 それらのコンピュータ、最近ではコンピュータだけではなくあらゆるものがインターネットで接続されたことにより世界は広がり様々なサービスが提供されるようになり、さらにワクワクが大きくなりました。
 「走る」「曲がる」「止まる」だけであったクルマに「繋がる」というIT要素が足されたことにより、クルマもPCと同じようにネットワーク社会における重要な要素の一つとなります。
 インターネットによりPCという端末でのサービスが活性化したように、クルマという端末がネットワークに繋がることにより生み出されるサービスを考え、実証、サービス提供につなげていくことにより、自分のワクワクを大きくし、皆さんにもワクワクをお届けしていきたいと思います。

学位・経歴

2013-現在
ビッグデータ処理、先端技術探索、新規社会システム企画、途中トヨタ自動車(株)出向を経て、現在 社会システム関連の新規技術の研究開発に従事。

2004-2013
金融システムのコンサルタント業務、ソリューション企画、プロジェクトマネジメント業務

1998-2004
渡加。オンタリオ州トロントのベンチャー企業にて、AIにおける日本語NLPのR&D業務

1996-1998
システム構築会社においてISP販促における技術支援業務

1996
修士課程修了(工学修士)

主な論文・著書・講演

論文
・Bag of Systemsを用いた運転行動解析/柏倉、三宮、田中、栗原、那和
 (FIT 2015 第14回情報科学技術フォーラム-情報処理学会・電子情報通信学会)

講演
・らくらくカー/柏倉(ハイパーネットワーク別府湾会議2015)