研究者紹介

小柳 光生

Teruo Koyanagi

所属:

ソリューション研究部 データベースグループ

研究分野:

データベース・分散コンピューティング

学位・経歴:

2019-現在 トヨタIT開発センターにてデータベースの研究に従事

2017 筑波大学大学院システム情報工学研究科博士課程修了(コンピュータサイエンス)

2013-2019 Ecrebo Limited にて Point Of Sales の機能を拡張するクラウドサービスの開発に従事

2007-2013 日本IBMソフトウェア開発研究所にてテキストアナリティクス製品の開発に従事

1999-2007 日本IBM東京基礎研究所にて分散コンピューティング(エージェントサーバ、トランザクション処理)の研究に従事

1999 筑波大学大学院理工学研究科修士課程修了

 学生時代はコンパイラの研究、その後、企業研究者として、分散コンピューティング、トランザクション処理、検索エンジン、コンパクトデータ構造などデータベース系の研究に従事してきました。開発経験もIBMソフトウェアグループ、ベンチャー企業で合計10年以上のキャリアがあります。これまでの経験を生かして、新しいモビリティ社会を支えるソフトウェア基盤の構築に貢献したいと思います。

学位・経歴

2019-現在 トヨタIT開発センターにてデータベースの研究に従事

2017 筑波大学大学院システム情報工学研究科博士課程修了(コンピュータサイエンス)

2013-2019 Ecrebo Limited にて Point Of Sales の機能を拡張するクラウドサービスの開発に従事

2007-2013 日本IBMソフトウェア開発研究所にてテキストアナリティクス製品の開発に従事

1999-2007 日本IBM東京基礎研究所にて分散コンピューティング(エージェントサーバ、トランザクション処理)の研究に従事

1999 筑波大学大学院理工学研究科修士課程修了

主な論文・著書・講演

論文
・T. Koyanagi and Y. Shinjo, "A fast and compact hybrid memory resident datastore for text analytics with autonomic memory allocation," 2014 5th International Conference on Information and Communication Systems (ICICS), Irbid, 2014, pp. 1-7.
・Y. Ozawa, T. Koyanagi, M. Abe and L. Zeng, "A Hybrid Event-Processing Architecture based on the Model-driven Approach for High Performance Monitoring," 2007 IEEE Congress on Services (Services 2007), Salt Lake City, UT, 2007, pp. 324-331.
・T. Koyanagi, M. Abe, G. Yamamoto, and J.J. Jeng "Dynamic Policy Management on Business Performance Management Architecture," 2005 Service-Oriented Computing (ICSOC 2005) Lecture Notes in Computer Science, vol 3826, pp. 539-544.
・T. Koyanagi, Y. Kobayashi, S. Miyagi, and G. Yamamoto. "Agent server for a location-aware personalized notification service," 2004 First international conference on Massively Multi-Agent Systems (MMAS'04), pp. 224-238.
・T. Koyanagi, K. Ono, and M. Hori. "Demonstrational interface for XSLT stylesheet generation," 2000 Markup Lang. 2, 2 (March 2000), 133-152.

著書
・"ROBOCODE BIBLE 最強ロボットへの道", 2003, 技術評論社
・"XML Schema", 2003, オライリージャパン (翻訳)
・"Google Hacks 第2版", 2005, オライリージャパン (翻訳)
・"Google Hacks 第3版", 2007, オライリージャパン (翻訳)

社外・団体等活動(役職)・表彰・受賞

2014年 Best Research Paper Award, ICICS 2014
2007年 Best Paper Award, Japanese Society for Artificial Intelligence